これからの経営と業務のあり方 ReCentソリューション




3  


  正確な意思決定とリーダーシップ

 RCメソッド

 RCでは、こうした状況からプロジェクトを救い、「ビジネスシステムを新しく構築・導入するプロジェクトを完了させる」ための実践的メソッドを保有しています。それは、

  • ビジネスオペレーション全般に精通した実践的な知識
  • 様々なファイヤー状態→ゴールへ導いた実績
  • 強いリーダーシップの発揮
  • 完遂→成功への強い意思
  • 依頼人(RCの顧客である同業パートナー会社であり、直接の契約会社)とユーザー側協業メンバーへの信義心

を背景に強力な力を発揮することにより初めて達成できるのです。
 構築(請負)側の弱点、および委託(ユーザー)側の欠如部分を見抜き、それらによってもたらされるであろう不幸な結果が出る前に、両者に存在する欠落ポイントを正確に把握してRC自らが先行してその部分を担当し、解決する。こうしたやり方こそが、業種業態、規模を超えてすべてのプロジェクトを成功に導くRCメソッドの源泉となっています。

 プロジェクトで実施する作業には、様々な種類や違う次元の行動が潜在しています。これらの存在を認知していない以上、人員が何人いても成功への道筋は達成されませんし、コストだけかかり局部的には有能な人材も生きないのです。プロジェクトは、様々な作業と活動の総和によるものです。全体を把握し、弱点を見つけ補完し、問題に直面した時、正確に意思決定を行い、プロジェクト全体を有機的生産的に連携させるしくみを維持するリーダーがいなければ、真の成功には到達しません。

ローリーコンサルティング株式会社 Copyright 2004(c) Rory Consulting Co.,Ltd.All rights reserved.